ここでは「彼女が欲しい」と思った時に出来ない理由をご紹介致します。

目次

好きな女性しか見えていない

女性経験が少ないとよくやってしまいがちなパターンです。

好きな子ばかりに目がいってしまい、
あなたの事を見ている女性を見逃している恐れがあります。

女性経験が少ないうちは「あの人が好き」というのが、表に出てきやすいものです。

そこで気を付けなければならないのが、
女性は好きな男性の感情に対して敏感です。

もしあなたを見ていた女性がいたのなら、
その女性はあなたの事を”恋愛対象”として見なくなるでしょう。

女性は切り替えがとても早いです。

「無理」だと思ったら、次の相手を探し出してしまいます。

他の女性からも見てもらえるように、
「あの人しかいない」と考え方を出来るだけ押さえるようにしましょう。
このような考え方は余裕を失い、恋愛に発展しない原因になります。

服装は大事

女性が受ける印象として大事になるのがやはり服装です。

イケメンじゃないと相手にされない」と思われがちですが、
男性と違って女性は恋愛に幻想を抱く事は少ないのが現状です。

男性は可愛い子やお気に入りの子を追いかけますが、
逆に女性の方は現実的です。

イケメンを追いかけるのは若い時くらいです。

ほとんどの女性は20歳超えた頃には、
「顔なんかより一緒にいて楽しい人のがいい」
と思うようになります。

まず最初にあなたがすることは、服装はどうすれば見た目が良くなるのか

女性が良いと思うような服を着こなすようにしていきましょう。
あなたがモテたいのは女性からのはずです
男性が良いと思う服を着ても、何も意味がありません。

「別に嫌われていいや」

女性と接している時はどうしても「嫌われないように」と行動していると消極的になり、
つまらない男だと思われてしまう可能性があります。

「別に嫌われていいや」くらいの気持ちで接した方が女性うけが良い事が多いです。

この時に勘違いしてはいけないのが、
フレンドリーに接するのが行き過ぎて常識から外れない事。
男性と女性の”当たり前”は違います。
しつこくなりすぎたりして引かれたりしないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
気になる人に意識がいってる自分しか見えなくなってしまい、
無意識に周りの女性が距離をとってしまう行動を起こしてしまう男性が多いようです。
まずは好きになってもらうより一緒にいてどうしたら楽しいのかを考えてみるといいかもしれませんね。