出会い掲示板を使って彼女を作りたいけど、「あがり症」女性の前に立って話せないという方はいると思います。

緊張して女性と話す

今回はそのあがり症を克服する方法を紹介します。

人前に立って話せない方は実は結構いるんです。

「一般社団法人あがり症克服協会」という協会があるんですが、「日本人の8割は人前に立つとあがる」と仰っています。

そして、そのあがり症を克服出来る方法ですが、大きく分けて5つあります。

ストレッチ

あがり症の人は体に物凄い力が入っています。

その為、体のあちこちに力が入り、筋肉が硬直しているんです。

この緊張を取る為、ストレッチが有効になります。

手首足首を軽く回すくらいで十分です。

腹式呼吸

緊張をしていると、自然と手や足が震えたりします。

その時、その光景を見てしまうとより緊張してしまいます。

そこで、リラックスをする行為で「腹式呼吸」が有効になります。

因みに発声練習もこの「腹式呼吸」を意識して行うと緊張していても普通に話せるようになります。

自撮りムービー

自分が普段どんな風に話しているかを「客観的」に知っておいた方が良いです。

自信が無い方でも、確認してみると案外上手く出来ていて、自信になる事も…

練習をすればする程、身になって緊張をする回数や度合いも慣れて上手く会話が出来るようになります。

伝える内容

自分が何を伝えたいのか見失う方がいます。

話しを始めても恥ずかしさからか、声も小さくなり伝えたかった内容を上手く説明出来なくなります。

その為、事前に何を伝えたいかをしっかりと頭に入れ、端的に説明出来るようになりましょう。

気になった事があれば相手から質問が来ますから、その時に説明をすれば良いわけです。

会話を広げる事にもなりますから短く、伝えたい事をいいましょう。

場慣れ

一対一や一対多数等、他人と話す際に「慣れていない状態」だと緊張をします。

これは誰にでも当てはまる事ですから「慣れ」が必要になります。

少しずつで構いません。

お店に入った時に大声を出して店員さんを呼んだり、電車やバス等、他の乗客に席を譲る行為、何でも良いので大勢の人の前で行動しましょう。

回りにいる他人はあなたの事を知りません。

そして何より、二度と会う事は無いです。

通勤や通学等、決まった時間を利用しているなら話しは別ですが、それ以外だと同じ人と出会う機会は恐らく一生に一度有るか無いかの確率です。

その時だけ恥ずかしい思いをしてもその時だけで完結します。

緊張したり、あがり症の人は数多くいます。

あなただけではありません。

何も行動しなければそのままです。

人前で話せる人は「慣れた事」で上手く話をしています。

あがり症を克服して、彼女を作りましょう。

人と会話をするだけでも楽しくなり、男性自身に様々な良い影響をもらえます。

頑張れば人前で話す事も普通に出来ますが、頑張り過ぎると空回りしてしまいますから肩の力抜いて気楽に行きましょう。