異性と付き合うと誰もが訪れる“倦怠期”

今まで異性とお付き合いをして来たけど、この“倦怠期”を乗り越える事が出来なくて別れてしまった方がいると思いますが、これから恋人募集掲示板を使って新しい出会いが起きた時に備える為にも恋愛倦怠期は上手く乗り越え無くてはいけません。

付き合い始めの恋愛初期の頃は相手の事を考えるだけでドキドキしたり落ち着きが無くなってしまいますが、その相手とも関係が続くと慣れてしまい、付き合い始めの“熱”が冷めて来ます。

この時が倦怠期と呼ばれる頃になるのですが、この倦怠期に多くの方が間違った行動をとってしまうのですが、この倦怠期を上手く乗り越える方法がございますのでこれからその乗り越え方を紹介します。

倦怠期を自覚する

相手に対する情熱が冷めて来た時、「これは倦怠期だ!」と思うだけで実は気持ち的にはかなり楽になります。

一度「倦怠期」と認識して付き合うと相手に対して不思議と余裕を持って接する事が出来ますし、相手に対して好きな気持ちを疑う事も無くなりますから精神的に落ち着く事が出来ます。

自分の時間を作る

異性と付き合うと、自分の時間を持てなくなる方が多いと思いますが、この倦怠期の期間を利用してこれまで出来なかった事をしましょう。

趣味に時間を当てたり仕事に集中するなど一度相手の存在を頭から離し、相手との距離を作る事で相手の存在価値に気付く事が出来るはずです。

遠距離恋愛ではありませんが、相手との距離が離れれば離れる程、相手を必要と感じますから一度自分の時間を作って相手との距離を離しましょう。

相手との共有時間を増やす

上とは対照的になりますが、作業や行動を一緒になって行うと一体感が生まれる為、改めて相手の大切さに気付く事が出来ます。

旅行なら今まで行かなかった場所、遊びならこれまで一緒に遊んだ事が無い事を一緒になって行うと新鮮な気持ちで相手を見る事が出来るはずです。

倦怠期を認識した時、これらを提案して納得してくれない相手だったら別れを選んだ方が良いです。

片方が無理をして相手に合わせても別れてしまうのは時間の問題です。

恋愛は相手と共同しなければ成立しませんから倦怠期も一緒になって乗り越えなければいけません。

付き合い当初は誰でも楽しいものです。しかし、倦怠期が来た時が相手とこれから先を一緒に時間を過ごせる相手なのかを判断出来ます。

これから恋人募集掲示板を使って異性と出会う方は是非、倦怠期を乗り越えられる相手を見つけ、幸せな日々を過ごしましょう!