私の趣味はトレッキングで、16歳の頃から24歳になった今まで、定期的に続けていました。トレッキングというと「登山経験がないと厳しそう…」と思いますが、最初はハイキング感覚で登れますし、誰でもスタートできますよ。

そして私はトレッキングに打ち込みすぎたせいか、かなり引き締まった体を維持できているものの、彼女は全然作れませんでした。恋人が欲しいって気持ちはあったものの、それ以上にトレッキングが楽しすぎて、彼女探しに時間が割けなかったというか…。

そのせいで親にも心配されて、やっと私は彼氏募集掲示板を見るようになりました。親はお見合いとかをして欲しいみたいですが、お見合いはトレッキングの時間が犠牲になりそうなので、隙間時間で彼女を探せる彼氏募集掲示板のほうが良さそうだと思ったのです。

とはいえ、なかなか彼女は見つかりません。実は私、「どうせなら、一緒に山を楽しめる子がいいな」と思っていて、トレッキング好きの彼女を探していたのです。もちろん女の子はインドアのほうが多いから、すぐには見つからなかったですね。

しかし、最近は『山ガール』なんて単語も作られているように、「山をじっくり登るのが好きです」と書いている女性を、彼氏募集掲示板で見つけたのです。まさか山ガールが実在するとは思ってなくて、その子に話しかけました。

この女性はA(仮名)という名前で、年齢は私よりも2つほど上です。試しに山登りの話題で話しかけたところ、そこそこ専門用語とかも通用したし、「もしかしたら、これが運命なのかも…」と思いました。まあ、男の私のほうが厳しい山登りが好きであり、そういうのにはいきなり付き合わせられませんけどね。

というわけで、初デートも低山登山に誘ってみました。私からすると物足りない難易度でしたが、相手はこれくらいが好きらしく、景色を見ながら交流するにはちょうどいいです。デートっていうのは、お互いの都合を尊重しないといけませんからね。

Aは激しい登山はしないものの、山に登るのが好きなように、体は結構引き締まっていました。これで太っていたら「趣味とか詐称してそう…」と思いますが、一安心ですね。

なお、低い山だけあって、Aもほとんど息切れせずに上がれました。これで私もAをすっかり信用し、お互いが打ち解けたので、私から告白したのです。

Aとはちゃんと付き合えまして、今も共通の趣味を楽しんでいます。いつかはAと泊まりがけでトレッキングをし、もっと山と恋愛を謳歌したいですね…。