彼氏募集掲示板を使っていて思ったことは、やっぱり現実でもネットでも人付き合いは難しいなあということです。

友人に勧められて

 昔から人付き合いが苦手で、何かと話す内容とかいろいろと困りがちな私は、友達こそ何人かいますけど彼氏なんてできたことがありません。男性恐怖症というわけではないんですが、正直何を話したらいいのかわからないんですよね。趣味の話で語り合うことができれば楽しいんでしょうけど、趣味らしい趣味もないし。

 そうこうしているうちに出会いの機会がめっきり減って、いよいよ30代も迫ってきて、流石にちょっと焦りを覚え始めました。そのことを友人達に相談すると、紹介してくれたのが彼氏募集掲示板でした。直接男性を紹介しない当たり、彼女達の気遣いでしょうか。自分でどうにかしなければ何も変わらないから、といった感じの。ちょっと抵抗感がありましたけど、そのまま友人達に押し切られました。

 プロフィールを用意するときも友人達にアドバイスを貰いながらでした。こうなってくると結局おんぶにだっこになってしまっていますけど、いきなり1人で全部というのは私にはハードルが高すぎましたから。でもおかげでプロフィールはしっかりと書けたと思います。ちょっと盛ったところもあるにはありますけど。

やっぱり怖い

 最初に彼氏募集掲示板で男性から連絡をもらったときは、嬉しさよりもやっぱり先に怖さが来ました。友人達は『普通』だといいますけど、私にとってはどうしても抵抗があったんです。そもそも面と向かってすらまともに男性と会話できていない私が、ネットで話せるのか、なんて。ネットのほうが話しやすいという人もいますけど、私はその逆でした。
 その男性はそんな私の会話下手に飽き飽きしたのか、程なくして連絡をしてこなくなりました。その後他の男性からも連絡をもらうことがありましたけど、結局長続きせず、直接会ったことがある人は1人もいません。

しっかりしろ

「本気で彼氏作る気ある?」
 ある日友人に言われた言葉がそれでした。そりゃそういわれますよね、彼氏募集掲示板を使い始めた当初から、何一つ進歩していないんですから。流石に私もいい加減自分に嫌気が差してきます。最近、友人達もあまり私にアドバイスをくれなくなりましたし、きっと呆れているんでしょう。

 先日、また1人の男性から連絡をいただきました。まだやっぱり怖さがありますけど、もうほんとに自分で自分をどうにかするしかありません。なんとかこの人と、せめてやり取りが長く続けられるよう頑張ります。