マジメに女の子との出会いを求めて、彼氏募集掲示板に登録しましたが

奥手な僕は女の子からのメッセージを待つばかりでした。

 

そこでやっと出会えた彼女がまさかのバンギャでした。

もともと僕はバンギャという言葉自体知らなくて、彼女のことも趣味がバンドくらいにしか思っていませんでした。

メールで話しているときは大抵僕ののほうが時間がかかりましたが彼女は全然優しくて夜でも終わるまでずっと返信を待っていてくれました。

ナチュラルメイクが好きだといった僕のために、珍しくナチュラルメイクをして写メをくれました。ライブの日のあとはハイテンションだったのもかわいく感じました。もちろん今でも別にいやではありません。

女の子から理由もなく連絡が来なくなることも今まであったので、そのうち彼女もそうなってしまうかもしれないと思いつつメールをしていたとき、彼女のほうから電話しよう?といわれ電話で話すようになりました。それから徐々にバンギャとはどういうものかわかっていくうちに彼女にについて知っていくことも増しました。

それから一緒に彼女の好きなライブに行くことにしました。豹変した彼女を見たのは初めてのデートででした。待ち合わせでは彼女はバリバリメイクで写メとは別人でした。ライブでの彼女の興奮する様は言い様がありません。

ときかくライブの後の彼女は元に戻りやさしい子でした。

普段はバンギャのメイクですがぼくとのデートだけすこしナチュラルにしてきてくれる彼女にほれて

勇気をだして僕が告白しました。