当たり前のことを言っているようですが、割とそういうことをスルーしている人も多い気がします。とくに今はお盆休みで、暇を持て余した人が「恋人でも作ろうかなー」なんてゆるい感じで彼氏募集掲示板を使い始める時期。

 仮に今いい人が掲示板で見つかっても、実際に会うことになるのは早くても3ヶ月くらい先の話ですよ。第一、作ろうかなと思ってすぐに作れるんだったら世話ないです。

 

休みに入ってからではもう遅い

 つまり、今から彼氏募集掲示板の利用を始めてもお盆中はどうしようもないということです。今から狙うとしたらクリスマスまでに、といった感じですね。それでも少しギリギリな気がしますが。

 私の友人の話ですが、都内で暮らしている彼女が彼氏募集掲示板でお相手を見つけたのが8月の終わり頃で、実際に付き合い始めたのが12月でした。ちなみに彼は北海道在住。「おいおいいきなり遠距離恋愛かよ、ハードル高くないかー?」とツッコんだのも今は昔、会う度にのろけ話を聞かされる私は胸焼けしっぱなしです。ほんっっっと、末永く爆発しろ。

 この夏までに、と考えている人は、彼氏募集掲示板はもうおすすめできません。『夏までに彼氏作る』と春先に言っていたのであれば、それは十分おすすめすることはできましたけど、残念ながらときすでに遅し。よほどの奇跡が起きない限り、そしてその奇跡の軌跡を見逃さなければ掴み取ることはできるかもしれませんが、望み薄と考えていいでしょう。もし『冬までに』とお考えなら、今がチャンスです。むしろ、今を逃すと今度は春になってしまいます。

 

初速は現実の勝ち。だけど

 正直な話、出会う確率はともかくとして彼氏ができる早さだけなら彼氏募集掲示板を介するよりは自分の足で探したほうが早いと思います。

 掲示板を利用した出会いだと、
  連絡を受け取る→やり取りを繰り返して信頼できる相手かどうか見定める→大丈夫そうで会ってみたいと思ったら会う約束をする→実際に会う

 というやり取りがありますが、これが現実だと最後の『実際に会う』からのスタートになります。勿論信頼できるかどうかとか、自分が相手のことを好きかどうかという話はネットだろうが現実だろうが同じ話ですが、長い助走が必要ないと考えるとやはり現実に勝るものはないでしょう。

 ただ、結局のところ出会いがないのであれば彼氏募集掲示板だろうが現実だろうが大差ないでしょう。むしろ出会いがないこと前提なら彼氏募集掲示板が圧倒的に有利。先述の友人にしてももともとは使うつもりはなかったけど、身近にいい男性がいなかったから使ってみた結果、人に胸焼け起こさせるようになるまでに至ったわけですから。