新聞でも「若者の恋愛離れ」の記事が掲載されるほど現代社会は若者の恋愛離れが深刻化しています。
男女問わずに恋愛は面倒くさい、恋愛は必要ないという声が多くなっています。
そんな中で恋人を作るのが難しいからこそ、恋人が欲しい人は彼氏募集掲示板を利用するのかもしれません。

しかしながら彼氏募集掲示板を利用しても恋人を作るのが難しい現状だと言えるでしょう。
ではなぜ若者は恋愛離れしてしまったのでしょうか?
その理由は超情報化社会になった事が深く関係しています。

超情報化社会で起こる変化

超情報化社会とはスマホやネットで常に誰かとつながる事が出来る社会の事です。
SNSの普及によって恋愛が衆人環境に置かれる事になり、しんどいと感じるようになった事も一因でしょう。
またアダルトサイトやセフレ掲示板で気軽に欲求不満を解消出来るようにもなりました。

言葉は悪いですが以前はセックスがしたいという目的で恋人を作る人も少なからずいたはずです。
ですがもっと効率よくセックスが出来るようになった事で、恋愛はスルーされるようになったのです。
その他にも若者が恋愛離れする要因は複数考えられます。

恋愛をする事でデート代やホテル代などの交際費がかかります。
しかし若者の間では非正規社員が増え低収入であるために生活だけで精一杯の状態です。
恋愛をする経済的余裕がないという人も少なくありません。

経済力の低さが未婚率を上げる

実際に非正規社員は恋愛から遠ざかり妻子を養う経済力もないために未婚率が高くなっています。
そして恋愛にはたくさんのリスクがあります。
ストーカーやDV、リベンジポルノなど超情報化社会で個人の発言力が増した事により恋愛リスクが人目に触れるようになりました。
その結果リスク回避として恋愛をしなくなる若者が増えたのです。

そして男女平等社会でありながら男女不平等恋愛である事に対して男性が不満を持ち恋愛に興味をなくしているという現状もあります。
このように若者が恋愛離れする要因は多岐にわたり、恋愛離れした結果未婚率が高まり少子高齢化がますます進んでしまうという悪循環に日本社会は陥ってしまっています。

ただ彼氏募集掲示板なら恋愛意欲のある人が集まる場所なんだから恋人だって作れるのでは?
そう思うかもしれませんが、恋愛も経験を重ねる事で徐々に恋愛スキルがアップします。
今の若者は恋愛離れしているので全体的に恋愛スキルが低く、その結果なかなか知り合っても上手くいかないので難しいのです。

そのためもし恋人を作りたいと思ったら恋愛スキルを高めるためにとにかく失敗してもいいので経験を積む事が大切だと言えます。